八ヶ岳(北横岳〜天狗岳)

2012年3月2日〜4日

2012年3月2日  天候 吹雪   単独
13:30 ピラタスロープウェイ山頂駅 出発  14:20 北横岳ヒュッテ  着
2012年3月3日  天候 晴れ 後 曇り   単独
7:30 北横岳ヒュッテ 出 8:00 北横岳 1時間ほど写真撮影
10:00 縞枯山荘 10:40 雨池
12:30 麦草ヒュッテ 昼食 13:30 白駒池
15:00 高見石小屋    
2012年3月4日  天候 雪   単独
8:00 高見石小屋 出発  10:50 渋ノ湯  着
ここに写真があります。【クリック】

忙しかった毎日が一段落。いろんな意味で気持ちをリフレッシュするために山行きを決定。雪と遊ぶのを目的として北八ヶ岳に入りました。八王子からあずさに乗って茅野駅へ。お昼ちょうどのバスでピラタスロープウェー駅へ。雪が降っていて山頂は吹雪いているとのこと。ゴーグルを持ってきていなかったのでスキー場で購入。山頂駅はちょっと先も見えないほどの吹雪。トレースも消えてしまっていたのですが、北横岳までならなんとかなるだろうと出発。坪庭を抜けて登りになると風もやわらいでひと安心。50分ほどで北横岳のヒュッテに。この小屋は以前から気になっていた小屋でした。北横岳の山頂まであと5分というところにかわいらしい建物が建っています。また、小屋のご主人のホームページやブログの写真がとてもすてきなのです。そんなこんなで今回お世話になりました。予想通り、夕食もおいしく、トイレにまで一晩中ストーブをつけていただいたり、あったかい小屋でした。

昨日の天気から考えてまったく期待をしていなかったのですが、とりあえず北横岳の山頂に。するとどうでしょう。雲海が2000メートルあたりにびっしりと浮かんではいますが、その上の山々はきれいに見晴るかすことができました。南側には「天狗岳、硫黄岳、赤岳」と南八ヶ岳の山々が、その向こう側には「甲斐駒ヶ岳、千丈岳」と南アルプスの山々が。そこから目を右の方に移していくと、木曽駒ヶ岳の山々、乗鞍岳、北アルブスの山々が広がっています。何よりも目を楽しませてくれたのは、昨日の吹雪によって出来た樹氷の数々です。青い空、雲海、樹氷。もう何も言うことはありません。1時間ほど頂上で景色を楽しみました。

新雪の中を北横岳を下り、坪庭を突っ切って縞枯山荘の方向に進みます。ここでスノーシューを履いて雨池まで下っていきます。それこそ人は誰もいません。トレースも全くありません。あるのはウサギやカモシカの足跡なのでしょうか。動物の足跡がさらさらの雪の上についているだけです。雨池を渡って麦草峠に向かいます。麦草ヒュッテの前の広場でランチタイム。そこから白駒池をぐるっとまわって高見石まで。今日の泊まりは高見石小屋です。昨日の北横岳ヒュッテはわたしをふくめて3人の宿泊者だけでしたが、この小屋はほぼ満員です。スノーシューのツアーのお客さんがほとんどでした。

3日目は朝から雪もようです。天狗岳まで登る予定でしたが、中山峠から渋ノ湯に下りることにしました。ムリをしないことです(^_-) 渋御殿湯でお湯につかり、バスで茅野駅に。茅野の駅前においしいおそば屋さんをみつけました。天気には恵まれませんでしたが、北横岳からのあの眺望を得られただけでも幸運でした。あの一瞬の時間のために山登りをしているようなものです。

 

ここに写真があります。【クリック】
もどる