八ヶ岳(横岳〜硫黄岳)

2011年7月17日〜18日

2011年7月17日  天候 晴れ   同行者 妻
12:10 やまのこ村 出発  14:20 赤岳鉱泉小屋 キャンプ場 着
2011年7月18日  天候 晴れ 後 曇り   同行者 妻
5:05 赤岳鉱泉小屋 キャンプ場 出 9:00 硫黄岳山荘 9:30出
5:35 行者小屋 地蔵尾根を登る 9:55 硫黄岳頂上
6:55 地蔵の頭 10:15 赤岩の頭
8:00 三叉峰 11:00 赤岳鉱泉小屋 キャンプ場 12:20出
8:15 横岳頂上 2,829m 8:25出 13:35 やまのこ村 着
ここに写真があります。【クリック】
朝の7時に自宅を出て、八王子IC経由で諏訪南ICまで。美濃戸口から林道を30分ほど走ると「やまの子村」の駐車場に11:40着11:40着。駐車場は満杯だが、前もって電話で予約をしておいたので停めることが出来る。2日間で2,000円。アブがすごいので車の中でお昼を食べて出発。北沢を2時間ちょっと歩いて今日のキャンプ地「赤岳鉱泉」に到着。テント場はそれほど混んではいない。快適なキャンプ場だ。しばらく昼寝をして夕食。8時には就寝。
4時過ぎに起床。朝食を食べて5時には出発。行者小屋まで30分ほど。ここから地蔵尾根に取りつく。一昨年も登っているのだが、この尾根は階段も続き、お地蔵さんがいらっしゃるちょっと手前の荒廃地のくさり場は注意が必要だ。出来れば地蔵尾根は下りに使わず、登りに使った方が安全だと思う。
地蔵の頭まで出ると南に赤岳、北に横岳とその稜線が美しい。風もそれほど強くなく、南アルプスから富士山。北アルプスは穂高、槍ヶ岳とはっきりと見てとれる。雲海に浮かぶ山々は何ともいえない。これだから山登りはやめられない。八ヶ岳は南アルプス、中央アルプス、北アルプスを同時に見ながら縦走できる。しばらくは雲上散歩を楽しむことにする。
今回は赤岳方面には足を向けず、横岳への登りにかかっていく。横岳という山はここがピークという場所はなく、ぎざぎざの岩場が続いていく。そこをはしごやくさりに導かれてひたすらに身体全体をつかってよじ登っていく。といっても、登山道は整備されているのでほとんど危険な場所はない。丁寧に三点支持を守っていけばOKだ。それにしても、妻は岩場になるとギアが入ってペースがあがる。
カニの縦ばい、横ばいを過ぎると硫黄岳山荘はすぐそこだ。稜線の両側の砂礫地にはコマクサが今を盛りに咲いていた。他の植物が生育できない劣悪な環境に咲く花。その割にはピンクの可憐な花を咲かせる。硫黄岳から赤岩の頭を経由してキャンプ地へ。お昼のスパゲティを作り、テントをたたんで北沢をやまの子村まで下る。途中からはアブとの闘いが続く。こんなにアブが発生しているのは暑いからなのだろうか。縄文の湯に寄って帰宅した。
ここに写真があります。【クリック】
もどる