北アルプス(燕岳)

2011年5月2日〜3日

2011年5月2日  天候 晴れ   同行者 妻
7:20 中房温泉登山口 12:05 合戦尾根取りつき
8:00 第一ベンチ 8:20発 アイゼン履く 13:25 燕山荘着 受付後出発 14:10
8:45 第二ベンチ 8:55発 14:45 燕岳 15:05 山頂発
9:30 第三ベンチ 15:40 燕山荘着
11:00 合戦小屋 11:40発
ここに写真があります。【クリック】
前日に安曇野の観光をし、おいしいそばをいただいて中房温泉に泊まっていました。中房温泉も前から泊まってみたかったところです。二十以上の(もっと!?)外湯と内湯があり、風情のある建物とマッチしたお薦めの温泉です。登山者用の宿泊施設もあります。1日は天気が悪く、山頂付近では落雷もあり、槍などで2人の方が亡くなったとのこと。幸い、今日はそこそこの晴天です。頂上までですからゆっくりとスタートしました。登山口から第1ベンチまでは前日の雨で雪は消えていました。
第一ベンチでアイゼンを履きます。雪は柔らかくとても歩きづらい。第3ベンチは雪に埋もれていました。あえぎあえぎ合戦小屋まで4時間近くかかってしまいました。ここで一息ついて、合戦尾根の取りつきまでの急登を頑張ります。雪の斜面をジグザグにトレースがついています。下をみつめたままひたすらに高度をかせいでいきます。1時間ちょっとで尾根の取りつきに。いやぁ、すばらしい展望が広がっていました。これだから山登りはやめられない。
ここからはストックをピッケルに持ち替えて登っていきます。写真を撮りながらの登りなので燕山荘まで1時間ちょっとかかっています。表銀座から槍ヶ岳までの稜線がはっきりと見えました。もちろん、大天井岳から常念岳への稜線もきれいです。うれしいですねぇ。受付をすませて、荷物を置いて燕岳を目指します。西側の斜面は雪がなく、東側には大きな雪庇が張り出しています。燕岳の頂上からの眺めもすばらしかった。風もなかったのでかなり長居をしてしまいました。
燕山荘は快適な山小屋でした。夕食もおいしく、ご主人のアルプスホルンの演奏もうれしかったです。夕日が裏銀座の山々の向こうに沈み、燕岳や槍ヶ岳が夕日に染まっていく様子も見ることが出来ました。こうした景色をながめることができるのも、山頂の山小屋泊の楽しみです。夜は星空と安曇野の町の明かりを見て就寝です。
2011年5月3日  天候 晴れ   同行者 妻
7:00 燕山荘 出 9:05 第三ベンチ 9:30 第二ベンチ
8:05 合戦小屋 10:40 登山口
4時15分が日の出とのこと。雲が出ていて、実際の日の出は5時ちょっと前でした。雪の槍ヶ岳が朝日に染まる姿は圧巻でした。5時半に朝食。7時過ぎには小屋を出ました。たまたま出てこられた小屋主の方に妻とツーショットの写真をたくさん撮っていただきました。富士見ベンチまでは雪もしまっていて下りやすかったです。合戦小屋でアイゼンを外し、どんどんと下っていきます。今日は登ってくる人も多いです。4時間ほどで中房温泉の登山口に。有明荘でお湯につかって帰宅しました。
もどる