北八ヶ岳 根石岳(2,603m)
3月8日  天候  晴れ
9:07 “特急あずさ”にて茅野駅着 12:15 昼食後 出発
四駆と雪上車にて夏沢鉱泉へ 12:45 夏沢峠 アイゼンをつけて出発
10:40 夏沢鉱泉着 13:20 2,650m付近から戻る
11:05 受付、準備の後に出発 2,060m 13:40 夏沢峠 14:10発
12:00 オーレン小屋着 2,330m 15:00 夏沢鉱泉 着
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
仕事が一段落するこの時期、毎年のように八ヶ岳に入っている。今年は、冬期の営業をはじめて三年目という夏沢鉱泉泊まりで硫黄岳を登ろうという計画を立てた。八王子からあずさに乗り、9時07分の茅野駅に着くと、駅前までパジェロで夏沢鉱泉の方が迎えに来てくれる。もちろん前もって連絡はしてあるのだが、ありがたいことだ。三井の森を過ぎたところで雪上車に乗り換える。これで夏沢鉱泉の前まで送ってくれるのだ。初めての雪上車の乗り心地は・・・とにかく揺れる。頭を何度も天井にぶつけるほど揺れる。それでも、茅野駅から1時間30分ほどで夏沢鉱泉へ。
受付を済ませ、荷物を整理して出発する。ただ、11時を過ぎているので、硫黄岳に登って下りてくると5時近くになってしまう。まぁ、夏沢峠までで戻ってきても良いか、というつもりで出発する。雪は多いが、凍っていないのでアイゼンはつけずにストックだけを補助にして登っていく。天気は良い。本当に青い空がどこまでも広がり、白い雪はキラキラと輝く。夏沢鉱泉のあたりで積雪は100cm以上はある。1時間かからずにオーレン小屋に。テルモスのお湯でコーヒーを淹れてパンを食べる。すぐに夏沢峠に向けて出発。
夏沢峠からの硫黄岳はとにかく美しかった。12時50分なので、1時間で登って、40分で下りてきても3時になってしまう。ちょっと躊躇したが、アイゼンをつけてピッケルに持ち替えて出発する。樹林帯を抜けてすぐに雪の斜面になる。風でトレースは吹き消されてしまい、跡はどこにもない。アイゼンの爪をしつかりと雪面に置き、ピッケルを雪面にしっかりと差し込みながら登っていく。が、どうしてもルートを見失いがちになる。しかも、今日は硫黄岳を登るのは自分だけ。下ってくる人もなさそうだ。
20分ほど登ったところで意を決して引き返すことにする。単独でなければ良いのだが、何かあったときにどうしようもない。同時に自分のルートファインディングの力と、冬山の斜面を歩く技術に不安があった。適当な判断だったと思う。来冬は登山教室にでも入ってもう一度きちんと雪山を歩く技術を身につけようと思った。とにかく夏沢峠に戻り雪道をどんどん下っていく。15時に鉱泉着。その後、のんびりと鉱泉につかり、食べきれないほどの夕食をいただいて布団にはいる。夏沢鉱泉ととにかくあったかい小屋だ。
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
3/9の記録へ →