北八ヶ岳 根石岳(2,603m)
3月9日  天候  晴れ
7:05 夏沢鉱泉 発 10:00 風の当たらない場所でコーヒータイム
7:50 オーレン小屋 着 10:40 夏沢峠 着
8:05 アイゼンを装着後に出発 11:00 夏沢峠 出
9:40 根石岳 着 2,603m 11:40 夏沢鉱泉着
9:45 根石岳 発 13:30 雪上車と四駆で茅野駅まで
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
今朝はオーレン小屋から天狗岳を目指して出発する。空は雲が多いが、天気予報は「晴れ」の予報。気温は-15度を温度計はさしている割には暖かい。それでも、冬用のアウターの上下を着て出発する。オーレン小屋でアイゼンをつけて根石岳に向かう。雲が急速に流れていく。佐久側の方から風が吹いているようだ。樹林帯の中は静かだ。今日もこの道を歩いているのは私一人。後ろをついてくる者もいない。
根石山荘をのぞむ場所に出る。北アルプスをバックに東天狗と西天狗が目の前に現れる。ただ、強烈な風が吹いている。夏でも冬でもここは風の通り道なんだ。稜線は風で雪が飛ばされ、岩くずと氷の地面になっている。目で帽を持ってこなかったことを後悔するほどの強い風だ。それにしてもすばらしい景色が広がっている。ゆっくりとしたいのだが、写真を撮る手も震えるほどの風にじっとしていられない。
天狗岳は冬に2度ほど行っていることだし、この風の中に行くこともなかろう、ということで根石岳から戻ることにする。樹林帯に入るとぴたりと風がなくなる。冷たくなった身体を温めるためにコーヒーを淹れて飲む。目の前には天狗岳の絶景が、その向こう側には北アルプスの山々が広がる。夏沢峠へ下る道も良い景色が広がっていた。甲斐駒、千丈、北岳は本当に美しい。いやぁ、本当に良い天気だ。
のんびりと夏沢鉱泉に下り、風呂に入らせてもらい、昼食のパンを食べる。ビールはあの雪上車の揺れを考えて茅野駅までひかえることにした。何だか中途半端な山行になってしまったような感もあるが、単独行での冬山だからしかたがないだろう。とにかく思った以上に人がいなかった。来冬は登山教室にでも入って、一から雪山を歩く技術を鍛え直さなければならないなぁ、と思った。
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
topページへ →