2007年8月10日〜12日 北アルプス 笠ヶ岳 

新穂高温泉〜ワサビ平(泊)〜小池新道〜鏡池〜弓折乗越〜秩父平〜抜戸岳〜笠新道分岐〜笠ヶ岳山荘(泊)〜笠新道分岐〜杓子平〜新穂高温泉

8月10日  天候  晴れ
7:01 八王子発の「あずさ」にて松本へ 13:10 新穂高温泉 出発
10:35 松本駅前バスターミナルより 14:20 わさび平小屋 着
12:35 新穂高温泉バスターミナル着
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
8/10(金)の朝6時過ぎに家を出る。昨晩は、高校時代の友達がインドから戻ってきていたので久しぶりに新宿で呑んだ。気持ちよく呑んだので二日酔い気味だ。今日は林道を一時間ほど歩くだけ。なんとかなるだろう。7時01分八王子発の「あずさ」に乗り込む。松本着9時36分。ここからバスで新穂高温泉まで2時間。時間に余裕の持てる夏休みでなければこうした山行は組みようがない。
とにかく日差しがつよい。松本発のバスはほぼ満員だった。ほとんどは登山者。準備をして出発。鎌田川左股の道幅の広い林道を歩く。歩き始めてしばらくして名前を呼ばれる。10年ほど前にいっしょに仕事をしていたS君が奥さんといっしょに槍ヶ岳に行ってきた帰りだった。笠新道の分岐まではとくになんと言うことのない林道歩きが続く。分岐から10分ほどでわさび平へ到着。大きなブナの木々が広がる。気持ちの良い場所だ。今日はここまで。
無理をすれば鏡平まで行くことは出来るかもしれない。実際、何組もの登山者が鏡平を目指して行った。しかし、ここから3時間半。18時近くの到着になってしまう。山での行動は14時頃まで、といった教育が染みついている自分にはちょっと思い切れない。長い時間を周辺を散策したりしてのんびりと過ごす。食事もおいしかったし、気持ちの良い小屋だった。
2日目の記録へ進む →