2007年4月29日〜30日 丹沢 

宮が瀬三叉路〜高畑山〜金冷やし〜本間の頭〜円山木の頭〜太礼の頭〜丹沢山/みやま山荘(泊) 2日目へ

4月29日  天候  晴れ
8:40 本厚木駅より宮が瀬行きのバスに乗る 12:45 お湯を沸かして昼食休憩 25分
9:35 三叉路バス停下車 準備ののち出発 14:10 本間の頭
9:40 登山口 14:50 円山木の頭 1365m
11:20 高畑山展望台 15:25 太礼の頭
11:30 金冷し しばらく悪場が続く 16:35 丹沢山 みやま山荘 泊
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
GPSのデータと地図をリンクさせたものです。クリックすると大きく表示されます。 ↓             ↓
4/29(月)の朝7時30分に家を出る。ここ数年のゴールデンウィークの山行は妻と二人で八ヶ岳に出かけている。しかし、昨年の蓼科山山行で雪の中を大変な思いをさせて歩かせてしまった。そのため、今年は「雪のない山に行きたい」というたっての妻の希望があり、妻が一度も登っていない「丹沢山」と「蛭が岳」を目指すこととした。連休中なので混雑していることも考え、比較的に登山者が少ないコースを選択した。私は、昨年末にもこのコースで丹沢山に登っているが、大倉尾根や表尾根を連休に登る気はしないのでしかたがない。
本厚木発8時40分の宮が瀬行きのバスに乗る。バスはほぼ満員。多くの方は仏果山にいくのだろう。三叉路で下車。高畑山まで行くという5人ほどのパーティーがいっしょになる。いずれにしても、この稜線を登る人は少ない。麓の標高は300メートル。丹沢山は1,500メートルを越えているので、1日で1,200メートルを登ることになる。いつもながら丹沢登山は厳しい。
高畑山の展望台への分岐までは順調に登っていく。新緑が美しい。日の光を浴びて木々がきらきらと輝く。でも、思ったよりも芽吹きが遅いようだ。あわよくばヤシオツツジが咲いてるのでは、といった期待ははずれてしまったようだ。高畑山を過ぎると金冷やしの悪場が続く。慎重に何カ所かの木橋や鉄橋を渡り、1メートルほどの岩をよじ登って通過する。
悪場を過ぎてしばらく歩いたところで昼にする。お湯を沸かしてインスタントのみそ汁とコンビニのおにぎり。そんなものでもとてもおいしく感じる。13時10分に出発。このあたりから妻の足が止まってしまう。ばててしまったようだ。歩くスピードを緩めて小休止を繰り返しながら登っていく。14時10分。やっと本間の頭に着く。ここまでの登りは単調で確かにきつい。
標高で800メートルを越えたあたりからは完全に冬の装い。木々は枯れ枝を青空に向かって伸ばしている。それでもよーく見ると小さな小さな葉っぱの芽がついている。妻の足はあいかわらず前へとあまり進まない。とにかくだましだまし進んでいく。
円山木の頭14時50分。太礼の頭15時25分。上り下りが続く道に妻が悲鳴をあげる。つらい登り下りが続くが、とにかく前に進むしかない。斜面にバイケイソウの新芽が一面に広がる。丹沢山の山頂が近い。16時35分。やっとみやま山荘に到着。7時間もかかった計算になる。まあ、よく頑張りました。
連休中の小屋はさすがに人でいっぱい。我々は食事が3回転め。今日は4回転になるという。前もって混雑を予想していたのでシュラフを持参してきた。食堂の片隅ででも寝かしてもらうつもりだ。混雑の中でも小屋主の石井さんと奥さんは登山者の皆さんを暖かく迎えている。こうした状況下ではお客の気持ちはどうしてもとげとげしくなってしまう。それがないというのは小屋の方のもてなしゆえだろう。見習わなければいけない。
小屋主の石井さんは来月から若手をつれてヒマラヤ遠征に出かけるとのこと。山に登る若者が少なくなってきている。それは日頃の山で感じることだ。そうした中でも経験を伝えることは大切だ。夕食はロールキャベツ。ご飯を大盛りでいただく。ビールも2本も空けた。消灯とともにシュラフにもぐり込んで熟睡する。妻も一晩眠れば回復するだろう。
30日の記録へ進む →