2007年4月15日 西丹沢 

金時山

4月15日  天候  晴れ
8:55 金時山登山口(金時神社) 10:45 頂上発
10:00 金時山頂上 11:20 登山口
足慣らしをかねて、以前から一度は登ってみたいと思っていた「金時山」を妻と目指した。「湿性花園」で「みずばしょう」を見ることも目的のひとつだ。朝の7時30分に自宅を車で出発。東名高速を御殿場インターで下りて「金時山登山口」まだ70分。ここは無料の駐車場と、ゴルフの打ちっ放しの練習場の駐車場が混然となっている。私が止めたところはゴルフ場の駐車場らしく、管理人のおじさんに1,00円の駐車料金を払った。
登りはじめてすぐに「公時神社」があった。御祭神は足柄山の金太郎で知られる坂田公時(きんとき)である。境内のヤマザクラがきれいに咲いていた。大きな作り物の「まさかり」なども置いてある。金太郎はこのあたりで熊たちと相撲をとって遊んだという。
社殿の右側を登っていくと、大きくふたつにぱっくりと割れた岩がある。「宿り石」というものだそうだ。金太郎が大まさかりで割ったのだろうか。この石を巻いてさらに登っていくと、芦ノ湖や大湧谷が一望できるようになる。しばらく行ってもう一つの登山道を合流させたあとは10分ほどの急登となる。登り切ると二つの茶店があり、正面には富士山がその勇姿を現す。奥の茶店が有名な「金時娘」のいる茶店らしい。新田次郎のデビュー小説「強力伝」の主人公小宮正作さんの娘だということだ。中にはいると1,00回、2,000回とこの金時山に登った人たちの名前が札になってかけてある。壮観だった。
コーヒーを飲んでのんびりしてから下山する。この時間になると、ひっきりなしに人が登ってくるようになった。まあ、往復2時間ほどのハイキングには最適な山だと思う。下山後、湿性花園によって水ばしょうを堪能する。湿性花園前のおそば屋がおいしかった。
表紙のページにもどる