2006年12月23日〜24日 丹沢 

宮が瀬三叉路〜高畑山〜金冷やし〜本間の頭〜円山木の頭〜太礼の頭〜丹沢山/みやま山荘(泊)〜塔の岳〜金冷やし〜大倉バス停

12月23日・24日  天候  晴れ
8:40 本厚木駅より宮が瀬行きのバスに乗る 14:00 円山木の頭
9:35 三叉路バス停下車 準備ののち出発 14:20 太礼の頭
9:45 登山口 15:10 丹沢山 みやま山荘 泊
11:10 高畑山展望台 6:30 みやま山荘 発
11:30 金冷し しばらく悪場が続く 7:30 塔の岳
12:00 お湯を沸かして昼食休憩 20分 8:00 金冷やし
13:20 本間の頭 9:50 大倉バス停
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
←GPSのデータと地図をリンクさせたものです。クリックすると大きく表示されます。
朝日に輝く江ノ島
夕日が富士山に沈む
12/23(土)の朝7時20分に家を出る。本来ならば、大学受験の息子を応援する意味で「山断ち」をしている時期なのだが、12/15に公募推薦で合格を決めてしまったのでその必要がなくなった。25日から忙しい毎日が待っているのでこの2日間だけがのんびり出来る最後だ。みやま山荘に電話をいれると、クリスマスパーティのようなものは予定していないとのこと。これはゆっくりできるぞ、と山行を決定。まだ歩いたことのない宮が瀬からのルートで登ることにした。本厚木までは1時間もかからない。バスの乗り場がわからずにうろちょろしたが、8時40分発のバスに乗車。バスは身動きのとれないほどの乗客を乗せている。登山客と中学生のバレー部の団体だ。
登山客はどんどん下りてしまい、三叉路で下車したのは私ともうひと組のかただちだけだった。靴ひもを締めて準備完了。登山道の入り口までは数分。道標もしっかりとしているので見過ごすことはないだろう。入山届けは登山道に入ってすぐのところにポストがある。ところどころの樹林の隙間から宮が瀬の湖をのぞむことが出来る。登山道は散り敷いた落ち葉でおおわれている。さく、さく、さく、と落ち葉を踏みしめる音が心地よい。
高畑山の展望台への分岐まではだらだらとした登りが続く。分岐から展望台に寄ってみる。湖がきれいにのぞめるだろうという期待は裏切られて、そちら側の展望は全くない。逆に大山が目の前にのぞめた。この時期、この尾根を登る人はいないと思っていたのだが、7人〜8人のおばさんたちの集団が展望台にいた。でも、さっきのバスには乗っていなかったのだから1時間前のバスで来たのだろうか。ちょっとペースが遅すぎる。今日中に丹沢山に行きつくのだろうか。
高畑山の先に金冷やしがあり、そこから先はちょっとした悪場が続く。きちんと木や金属の橋が架けてあるので慎重に通過すれば問題はないが、緊張を強いられる。橋の下が崖になっているので、足を滑らせたりするとそのまま下まで落ちていくだろう。悪場が終わったあたりでコンロを出してお湯を沸かし、コンビニおにぎりの昼食にする。食べ終わった頃、先ほどのおばさんのうちの二人がやって来て、「悪いところはここで終わりでしょうかねぇ」と尋ねてきた。「そうだと思いますよ。」と答えた。二人は偵察隊なのだろうか。
この後、本間の頭までの登りはきつかった。ただひたすらに展望のない道を登っていく。冬がれた木々の枝の先には冬の青空が広がっている。とにかく何も考えずひたすらに登り続ける。1時間ほどで本間の頭へ。ちょっとした広場のような場所だ。ここから、丹沢三峰の核心部だ。登り下りを繰り返すことになるのだろう。
本間の頭から1時間で太礼の頭。そこからは30分ほどでみやま山荘だった。そう何回も訪れているわけではないが、「ただいまぁ!」と言って入り口を入りたくなる温かさがこの小屋にはある。今日も小屋主さんと奥様が入り口で出迎えてくれた。ほぼ1年ぶりだ。ビールをいただき、しばらく談笑してから2階の部屋へ。久しぶりの5時間以上の登りに疲れたのか眠くなってしまい1時間ほど昼寝。気持ちよかったぁ。
富士山に夕日が沈んでいる、とどなたかの声。カメラをもって急いで見に行く。感動的だった。きれいだった。18時から夕食。今年の冬バージョンは焼き肉だ。おいしい。なんとご飯を3杯もおかわりしてしまった。いつ来てもごちそう、というよりもあったかい食事を提供してくれる。ごちそうさまでした。夕食後、小屋主の石井さんからヒマラヤの話をうかがう。山羊の乳の話をはじめ楽しいお話しでした。
24日は5時に起床。コーヒーを湧かして飲んでいるうちに朝食。朝から五目ご飯だ。またまた2杯も食べてしまった。夕方に用事があったので6時30分発。みやま山荘の方々も良いお年をお迎えください。今日もとても良い天気だ。とにかく富士山がきれいだ。鹿の群れが目の前を走りすぎていく。竜が番場のあたりで日の出を見る。相模灘が赤く染まり、江ノ島が浮かんでくる。いやぁ、この景色を見られただけで満足だ。沈む日と昇る日を眺めるだけでも、自分が自然の一部だったことを思い出させてくれる。
写真を撮りながらのんびりと塔の岳まで歩く。南アルプスもはつきりと見える。右から甲斐駒が岳、北岳、間の岳、と続く稜線が白く浮かび上がっている。さて、塔の岳からは大倉尾根を下る。途中で、登ってくるSさんと出会う。Sさんとは仕事上のお付き合いがありお互いにびっくりした。9時50分大倉バス停。ちょうど10時のバスに乗れた。良い山行だった。
表紙のページにもどる