2006年11月19日 大山

ヤビツ峠 → 大山 → 阿夫利神社下社 → 男坂 → バス乗り場

10時10分 ヤビツ峠バス停 761m 12時45分 阿夫利神社下社
11時15分 25丁目ヤビツ分岐 13時 お参りの後 下社発
11時25分 阿夫利神社上社 休憩 13時40分 男坂経由にてバス停着
11時50分 大山山頂 発 1252m
仕事が忙しかったり、山に行こうと空けた日が雨だったりと、8月以来の山行になってしまった。といっても、今日も前日から雨の予報。それでも午前中は小雨程度ですみそうだったので3時間ほどで登って降りてこられる山を選んだ。

9時20分発の秦野発ヤビツ峠行きのバスは、雨模様の中にもかかわらず数人の登山者+ボーイスカウトの子供達を満載して出発。ヤビツ峠に10時着。一面にガスはかかっていて今にも降り出しそうな気配の中出発。

木々はほとんど葉を落として、所々に紅葉した枝を見いだす程度。1時間ほどで25丁目の分岐を過ぎ、阿夫利神社上社のある大山山頂に。この頃にはしとしとと雨が降り出していた。

コーヒーを飲んでパンを食べてなどと30分ほど休憩をし、雨具を着込んで出発。下社まで1時間ほどの下り道。このコースを歩くのは初めてなのだが、ヤビツ峠から大山山頂への道は普通の登山道、といった雰囲気。山頂から下社までの道は、石段を築こうとして、あるいは築いた石段が崩れた道となっていてとても歩きづらい。とくに小雨混じりの天気の中では注意が必要だった。この道は登りに使った方が良いですね。

さて、1時間ほどで下社に到着。ここは紅葉がきれいだった。お参りをして「男坂」という道を下る。この道も石段が続く。所々は鉄製の階段になっていて、妻がその一カ所で足を滑らせて7段ほど落ちた。男坂には「もみじ」がたくさん植えられているのだが、そのどれもが青々としていて紅葉はまだまだ先のようだった。

雨も次第に強くなってきたが、とにかく足下が悪いのでスピードを上げるわけにも行かない。何とか30分ほどで「こま参道」に出て、バス停まで急いだ。

雨には降られたが、久しぶりの山の空気は気持ちが良かった。

800×600 の写真です

Home Page へもどる