2006年4月29日〜30日 北八ヶ岳 

ビラタスロープウェー〜縞枯山荘〜雨池峠〜双子池〜大河原峠〜雨池峠〜縞枯山荘(泊)〜北横岳〜ビラタスロープウェー

GPSでの軌跡をカシミールで地図上に描いたものです。 左をクリックすると開きます。
4月29日  天候  晴れ のち 曇り
4:45 自宅を車で出発 中央高速経由で 13:10 双子山への登りで迷い 林道に出る
9:00 ビラタスロープウェー山麓駅 14:00 大河原峠
9:30 ビラタスロープウェー山頂駅 発 15:00 前掛山の登りで迷い、戻ることを決定 
10:10 大石川林道 出合い 16:50 かもしかに出会う
11:45 双子池 昼食後 12:30発 18:05 縞枯山荘
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
連休の山行きをどこにするか迷ったあげく、まだ登ったことのない「蓼科山」にした。最初は、北横岳〜大岳〜双子山〜蓼科山というルートを考えたのだが、北横岳〜大岳のコースが残雪で厳しいとのこと。大石川林道をスノーシューを履いてたどり、大河原峠に出て、そこから将軍平に登ろうと考えた。もちろんある程度の雪は覚悟はしていたが、連休でもあるしある程度の人は入っているだろうと考えていた。
自宅を4時45分に出発。中央高速経由でピラタスロープウェの山麓駅に9時には到着。準備の後、ロープウェーで山頂へ。ロープウェーには我々を含めて8人ほどの乗客。ガラス越しに「北アルプス」「中央アルプス」「南アルプス」の山々が見られる。山頂駅に着いてスパッツをつけて9時30分に出発。
縞枯山荘の先で全くトレースはなくなる。スノーシューをつけて9時40分に大石川林道に出る。ここから右手に進むと雨池を通って麦草峠に出る。我々は左に進むのだが、全く人が歩いた気配はない。また、思った以上に残雪があり、所々、ちょっとしたトラバースを余儀なくされそうな場所がありそうだ。戻ろうかとも考えたが、とにかく進むこととする。(この決定が失敗の第一だった・・・)
11時45分に双子池に着く。双子池ヒュッテは開いていない。人の気配も全くなし。池はまだ雪に覆われて凍っているようだ。とにかくお湯を沸かしてみそ汁を作り、おにぎりの昼食にする。12時30分、双子山を目指して登りはじめる。登りはじめて20分ほどでルートを見失い、しかたなく大石川林道に下り、双子山を巻いて大河原峠を目指す。
14時ちょうどに大河原峠に到着。例年の連休ならば小屋まで車が入るのだろうが、とにかくすごい残雪。小屋も半ばは雪に埋まり、もちろん人の気配は全くなし。ここから前掛山の登りはトレースがあるものと思ってきたのが大間違い。地図とコンパスでルートファインディングが必要となる。30分ほど登ったものの自分のルートファインディングにどうも自信がもてない。このまま樹林帯で時間をかけて日没になったら・・・
妻も不安そうに後をついてくる。ここで決心して妻に言う。「もどろう。3時間あれば縞枯山荘まで戻れる。ちょっと大変だが、このままうろうろするよりも来た道を戻るのは確実だ。頑張って日が暮れる前に戻ろう。」幸いにも電波が良く、縞枯山荘の山麓の事務所に電話が通じて予約ができた。蓼科山頂ヒュッテには電話が繋がるものの留守番電話で、ここから戻ることを伝えられなかった。疲れた身体にむち打ち、何とか3時間弱で縞枯山荘まで戻れた。
縞枯山荘からは電波が悪く電話が通じないので、ロープウェーの駅まで行って蓼科山頂ヒュッテに連絡できた。小屋主さんから「山を甘く見るものではない」とおしかりの言葉。「本当にすいませんでした」。縞枯山荘には我々以外に4人の泊まり客。夕食後は温かな掘り炬燵に入って皆で酒を酌み交わす。ここも良い小屋だ。疲れからか8時には就寝。とにかく山中ビバークをしなくてすんで良かった。本当に良かった。
2日目のページへ
表紙のページにもどる