2006年3月4日〜5日 北八ヶ岳 

ビラタスロープウェー〜北八ヶ岳〜雨池〜麦草ヒュッテ(泊)〜高見石〜中山峠〜東天狗岳・西天狗岳〜黒百合平〜渋ノ湯

3月4日  天候  晴れ
8:01 八王子発 「あずさ」にて茅野駅へ 13:00 北横岳ヒュッテ 昼飯後13:25出
10:00 茅野発のバスにてスキー場へ 14:00 縞枯山荘
11:10 ビラタスロープウェー山麓駅 14:35 雨池 
11:40 ロープウェー山頂駅 発 14:45 凍った雨池を渡って対岸へ
12:40 北横岳 2472m 16:00 麦草ヒュッテ
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
それぞれの写真はクリックすると800×600のものが開きます。
昨年の10月以来の山になる。どこに行こうか迷った末、雪遊びを楽しめる山、ということで北八ヶ岳にした。八王子からの特急で茅野へ。バスでビラタスロープウェーの山麓口から一気に白銀の世界へ登る。昨晩雪が降ったとのこと。樹氷がみごとに青空をバックに映える。いきなりの感動。はやる気持ちを抑えつつ、靴ひもを締め、スパッツをつけ、スノーシューを履いて出発。どこまでも青い空。さらさらの雪。もう心が躍ってしかたがない。
取りあえず「北横岳」を目指す。南の方には天狗岳、赤岳、硫黄岳、と南八ヶ岳の山々を眺めることが出来る。明日はどうしようか、と思いつつもここまで来たのだが、あの稜線を歩きたいとはっきりと気持ちをかためる。誰だってこの景色を見たらそう思うでしょ。これが山登りをやめられない理由なんだなぁ。
北横岳の山頂からの展望はすばらしかった。蓼科山の向こうには、北アルプスの山々がはっきりと見て取れる。大キレットの左に涸沢岳、穂高岳、右には槍ヶ岳の穂先がつんと立っている。そこから白馬岳、鹿島槍ヶ岳のとんがりもはっきりとわかる。どこまでも続く山々。すばらしい天気だ(^_^)v
北横岳ヒュッテにて昼食にする。持参したおにぎりとレトルトの豚汁。うまかったぁ。再び、スノーシューハイクへ。坪庭の雪原はどこまでも白く続く。三つ岩もこうして見るとりっぱな山だなぁ、などと思いつつ、縞枯山荘を通り過ぎ雨池に向かう。
さすがに雨池まで来るとだぁーれもいない。完全結氷した雨池にスノーシューで踏み入れ、気の向くまま歩き回る。気持ちいいのなんのって、これはやってみた者じゃないとわからないだろうなぁ。氷の上に積もった新雪。誰もいない静寂の森と池。これ以上の贅沢はないでしょう。
雨池から林間コースを1時間ほど歩いて麦草ヒュッテに向かう。途中、お湯を沸かしてコーヒータイム。風が気持ちよい。この時期の麦草ヒュッテはスノーシューハイクとクロスカントリースキーのお客さんが多いようだ。稜線の山小屋とはちょっと違った雰囲気がある。これはこれで楽しいものだ。
麦草ヒュッテのスタッフの皆さんのもてなしはとても温かかった。それと、大部屋の就寝室には一晩中ストーブがたいてあってとても暖かかった。私は何と毛布一枚で寝てしまった。こんな小屋は初めてだ。食事も野菜が山盛りになっていて、ワインや日本酒も振る舞われた。お世話になりました。
2日目のページへ
表紙のページにもどる