2006年8月7日〜9日 北アルプス 

中房温泉〜燕岳〜大天井岳〜大天井荘(泊)〜常念岳〜蝶ケ岳〜蝶ケ岳ヒュッテ(泊)〜長塀尾根〜徳沢〜上高地

8月7日  天候  曇り時々晴れ
8/6 22時30分新宿発の夜行バスに乗る 〜11:00 燕山荘 → 燕岳 → 燕山荘
4:30 穂高神社の駐車場着  11:30 昼食後 燕山荘出発
5:20 タクシーにて中房温泉着 11:50 蛙岩
5:50 中房温泉 出発 1462m 12:20 大下りの頭
6:45 第2ベンチ 1820m 13:40 切通し岩 喜作レリーフ
8:30 合戦小屋 2300m 14:15 大天荘着  泊
9:45 燕山荘 2704m 大天井岳(2921m)往復
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
久しぶりの山行だ。2泊3日の日程が組めたので、表銀座を縦走してみることにした。北アルプスは3年ぶり。山中2泊の縦走も3年ぶりになる。

時間を節約するために新宿発の夜行バスを初めて利用する。バスは満員。寝入ったかなぁ、と思う頃には休憩になり、なかなか眠ることが出来ない。さらに、前に座っているおばちゃんが思いっきりリクライニングを倒すので、足を窮屈に置くしかない。眠られないまま穂高神社に到着。穂高神社で下車した3人の登山者といっしょにすぐにタクシーに乗り換え、中房温泉に向かう。タクシー代1970円。中房温泉に5時20分着。

コーヒーを湧かし、持参の菓子パンの朝食。靴ひもをしめて5時50分に出発。北アルプス三大急登と言われる合戦尾根にとりつく。

第一ベンチ、第二ベンチと高度を上げていく。樹林の中の登山道なので日を直接浴びることもない。登山道も大きな岩もなく、ガレ場もなく、良く整備された道だ。順調に高度を上げていく。ただ、今回の縦走路には水場がないので、飲料水を3.5リットルほど持参している。それがちょっと重い。(写真は合戦小屋のすいか)
2時間40分で合戦小屋に到着。小屋とは言いながらここには宿泊できない。名物のスイカが売られている。一切れ800円。ほとんどの登山者が購入しているが、1個の1/16が800円では・・・・ 私は300円のネクタリンを食べた。これはこれで冷えていてなかなかうまかった。一息入れたので出発。燕山荘まで1時間ちょっとだ。
稜線直下にはお花畑がひろがっていた。とくに「ちんぐるま」の群落がきれいだった。他にも「いわかがみ」「はくさんふうろ」と目を楽しませてくれ。それにしても、下から1300メートルを一気に登るこの合戦尾根は確かにしんどい。その分、稜線に出たときの感動は大きい。風が気持ちよい。
9時45分。燕山荘に到着。ちょうど4時間の登りだった。あいにく雲がかかっていて槍ヶ岳も隠れている。荷物をデポして燕岳まで往復する。燕岳は花崗岩で出来たちょっと風変わりな山容だ。そして、砂礫の斜面には「こまくさ」が群落している。花の時期は過ぎてしまっていたが、そのピンクの花びらは可憐に白い斜面を彩っていた。イルカにそっくりのイルカ岩を眺め、2762メートルの燕岳山頂に。残念ながらガスに覆われて眺望は全くない。
燕山荘まで戻り、またまたコーヒーを淹れて菓子パンで昼食とする。燕山荘を11時30分に出発。ここからの縦走路は「北アの表銀座」と呼ばれる人気のコースで、槍ヶ岳と穂高岳をつねに眺望しながら3,000メートルの稜線散歩を出来るはずなのだが・・・ 今日はガスで見通しがきかない。まぁ、花でも見ながらボチボチと行きますか。
縦走路を歩いている人はそれほどいない。みんな燕山荘泊まりのようだ。そんな中、小学生の高学年ぐらいの女の子が一人で歩いている。タイミングを見て「一人なの? いくら何でも危ないよ。」と声をかける。お母さんたちが後ろを歩いているとのこと。そして、危ないならいっしょに歩いてください、と頼まれる。クサリ場の手前までならば、ということで了承する。話している内にその女の子は福井からきた高校3年生だとわかる。あまりに幼かったので見間違えた。18歳ならりっぱな大人。喜作レリーフの手前で「あとで小屋で会おう」と別れた。
喜作レリーフのあるクサリ場から大天井岳への登りがきつかった。さすがに夜行バスでの睡眠不足と疲れが一気におそってきたようだ。息を切らし、やっとの思いで大天荘に到着。それでもコースタイムよりはかなり速く歩いている。大天荘は気持ちの良い小屋だった。早速「生ビール」をあけて夕食までぐっすりと寝てしまった。夕食後、大天井岳まで往復。頂上からの夕日を眺めた。
2日目のページへ
表紙のページにもどる