2005年10月30日 西丹沢 

用木沢出合〜犬越路〜大室山〜加入道山〜白石峠〜用木沢出合

10月30日  天候  曇天 ガスが深い
7:50 用木沢出合い 発 680m 10:45 大室山西の肩  昼飯後11:15出
9:00 犬越路 着 1120m 12:10 加入道山 1490m  12:15出
9:10 犬越路 出  12:45 白石峠
10:30 大室山西の肩 1600m 13:10 白石の滝手前の湧き水 13:25出
10:35 大室山 1600m 14:20 用木沢出合い
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
紅葉を見に妻と西丹沢に行った。昨年は、檜洞丸と畦が丸に紅葉を見に行ったので、今年は大室山から加入道山の稜線を歩くこととした。朝の5時30分に家を車で出る。7時40分には西丹沢自然公園先の用木沢出合いの駐車場に着いた。先着の車は3台。それほど多くの人が入る山域でもないのでこんなものだろう。青い立派な鉄橋を渡る。その後も何本もの橋を渡って、沢を右岸に左岸に行き来しながら沢をつめていく。気持ちの良い道が続く。ただ、このあたりの紅葉はまだまだだ。
犬越路まで70分。ほぼコースタイム通りだ。犬越路の避難小屋は新しく立て替えている最中だった。展望はほとんどない。ガスが急速にふもとからあがってくるようだ。まあ、晴れていても眺望のない稜線だから同じこと。しばし休憩の後、大室山を目指す。
大室山までは500mほどの登り。急な登りではないので、山の空気を胸一杯に吸いながら歩くことが出来る。登山道には落ち葉が散り敷き、赤や黄色に色づいた木々が目を楽しませてくれる。ガスが濃いので写真を撮ることができないのが残念だ。80分ほどで大室山の西の肩に着く。そのまま大室山の山頂を目指す。
大室山の山頂はもともと展望が全くないところだ。今月はじめに丹沢山〜蛭が岳〜檜洞丸を歩いたときは、その形の良い姿が目を楽しませてくれた大室山だ。この山は登る山ではなく、眺める山なのかもしれない。
西の肩に戻って昼食にする。私たちの他には3人の登山者がいるだけだ。お湯を沸かしてインスタントみそ汁を作り、コンビニで買ったおにぎりを食べる。ガスが濃く、とにかく寒い。手がかじかむほどだ。昼を食べると早々に出発する。
大室山から加入道山への稜線の山梨県側斜面の紅葉は盛りだった。ここまで来て良かった、という気にさせてくれる。加入道山には4人ほどの登山者が休憩をしていた。ここからは白石峠を経てひたすら下っていく。
白石峠をから20分ほど下ったところに「湧き水」が出ている場所があった。木の根のあたりからコンコンと水が湧き出す様は感動的だった。この水が相模川になるのならば、ここは相模川の源流とも言える。コンロを出してこの湧き水でコーヒーを淹れる。うまかったぁ。
白石の滝はけっこう迫力のある姿をしていた。あと1週間したら紅葉の中に滝の姿が一層映えるのだろう。この滝は別名「大理石の滝」というらしい。というのも、このあたりはかつて大理石の産地だったのだという。妻がいくつかこまかな大理石を拾っていた。
白石の滝から40分ほどで林道に出る。この道もお勧めの道だ。沢沿いをそれほど急ではない斜面が続く。落葉広葉樹の林が続き、静かな山歩きを満喫できる。丹沢といえば、大倉尾根しか知らない登山者がいらっしゃいましたら、是非とも西丹沢を訪れてみてください。こんなに深い森はそうないですよ。ただ、単独行は止めた方がよいです。一日中他の登山者に出会わないことだってありますから。
写真はこのページにあります。→クリックしてください。
表紙のページにもどる