南アルプス 北沢峠→仙水峠→甲斐駒ヶ岳→北沢峠
   9月18日 曇り時々雨

八王子発7:30の「あずさ」で甲府駅へ

山梨交通バス(甲府駅発9:30)にて広河原へ(広河原着11:35)

広河原から南アルプス市営バス(12:30発)に乗り換えて北沢峠へ(北沢峠着13:05)

北沢峠のバス停を降りて10分ほど歩くと、北沢長衛小屋があり、小屋の前の広い河原が幕営場所になっている。今回は、M松氏と涸沢に紅葉を見に行くつもりで予定を立てていた。今後のこともあるので、テントを新規購入しようという話になり、エスパースの3〜4人用のものを購入。ただ、天候が思わしくないので、涸沢行きは断念し、甲斐駒ヶ岳に登ろうと北沢峠にやって来た次第。テント場は沢に面していて、気持ちの良い場所にある。大学生の時に黒戸尾根から甲斐駒に登り、この北沢峠で幕営した時以来だ。テントは快適。夜はα米にウナギの蒲焼き、という豪華メニュー。おいしかった。

新規購入のエスパース3〜4人用。2人で使用するととても快適だ。久しぶりの幕営も良いものだ。
     9月19日 曇り一時雨

北沢峠テン場 5:50出 → 6:25 仙水小屋(2195m) → 7:00 仙水峠(2264m)→ 8:40 駒津峰(2740m) → 9:00 出 → 10:45 北沢峠

昨夜はかなり雨が降っていたようだ。4時過ぎに起きたときには取りあえず雨はあがっていた。チキンラーメンの朝食を取り、とりあえず出発する。ほとんど空身なので楽だ。仙水小屋あたりで団体客と遭遇。50人はいるだろうか。やり過ごして先を急ぐ。仙水峠までは大きな岩が斜面を覆う不思議な景観が続く。20数年前の記憶が戻ってくる。出発して70分ほどで仙水峠。眺望は全くなし。強烈な風が吹き始めている。戻ろうかとも思ったが、駒津峰までは登ってみることにする仙水峠から駒津峰までは強烈な登りが続く。ところどころで紅葉してはいるが、雨が強くなり始めて見とれている場合ではない。森林限界を越えると、今度は冷たい風が襲ってくる。1時間30分ほどで駒津峰へ。風のあたらない岩場を探し一息つく。大勢の登山者(ツアー登山者がほとんど)が駒津峰を埋めている。もちろん眺望は全くない。ここで、甲斐駒への登頂を断念。ツアー登山者以外の登山者はほとんどここから引き返していたようだ。森林限界を過ぎて樹林帯にはいると、風がおさまりゆったりと下山できるようになった。北沢峠への下りでも多くの登山者に出会う。ところどころでダケカンバなどの紅葉を見ることが出来た。11時前にはテント場に戻り、もう一泊して明日もう一度チャレンジしようかとも思ったが、昼食後、テントをかたづけて下山。

雨と風で散々な山行になってしまったが、久しぶりの幕営は楽しめた。来年、もう一度「甲斐駒」「千丈」にチャレンジすることにしたい。

もどる