2003年7月5日〜6日

鳳凰三山は二十年ぶりになる。梅雨の時期でもあり雨を覚悟での山行になる。7時29分八王子発の「あずさ」に乗り、8時35分に甲府着。駅前の吉野家で朝食後、タクシーにて夜叉神峠まで。8640円。10時20分に登りはじめる。11時15分、夜叉神峠着。間の岳、北岳が正面に美しい姿を現す。雪は少ない。10分ほど白峰三山に見とれてから出発。12時45分杖立峠。13時40分苺平。14時30分南御室小屋。今日はこの小屋に泊まる。小屋脇に湧き出ている水がとにかくおいしい。梅雨なので宿泊客も十数人程度。夜はおでんの夕食。

二日目はあいにくの雨。早くに出て朝日を見ようとも思っていたが、しかたがないのでゆっくりと出る。5時55分小屋発。6時35分がまの岩。7時00分薬師小屋。7時15分薬師岳山頂。展望は全くない。ただ、岩のかげにひっそりと咲く「コケモモ」や「コイワカガミ」が美しい。また、久しぶりの森林限界越えなので、気分も爽快。しばらく山頂散歩を楽しんで、7時55分発。中道を一気に下る。8時45分御座石。10時25分途中の林道との合流点。11時30分下の林道との合流点。12時05分青木鉱泉着。雨のため道がすべってたいへんだった。鉱泉に入り、タクシーを呼んでもらい韮崎へ。タクシーは6410円。

夜叉神から北岳
こいわかがみ
表紙のページにもどる