2003年5月5日

一年ぶりの山行。表尾根を登るのも20年ぶり。秦野駅から7時54分発の臨時のヤビツ峠行きバスに乗り8時30分ヤビツ峠着。峠はガスに煙っていて寒い。すぐに林道を歩き始め8時52分富士見橋着。おいしいわき水を水筒に入れて車道を離れて山道へ。1時間の登りで二の塔着。息が上がっている。数分休憩の後、出発。10時10分三の塔着。展望はないがブナの新緑が美しい。また、所々の山桜が可憐なピンク色を緑の中に誇っている。ドウダンツツジの白い花も所々に見かける。10時35分烏尾山荘。11時23分カイサク小屋。11時42分新大日。最後の登りに息を切らせながら11時15分塔が岳着。コースタイム通りに歩けたというのは今の私にとっては感激。だいたいコースタイムの1.5倍を見当に歩いているのが現状だからだ。おにぎり2個の昼食の後、大倉尾根を下る。12時35分塔が岳発。13時花立。13時25分堀山の家。14時35分大倉バス停。さすがに脚が言うことをきかなくなっていた。それでも心地よい疲労感は久しぶりのこと。6時間は歩き続けられることがわかったので、今後の山行への自信にはなった。

二の塔から三の塔をのぞむ
ブナの新緑

640×480の写真です

表紙のページにもどる